かいぼり27 井の頭公園弁天池から出てきたものとは

既報のとおり、井の頭池における2度目のかいぼりが11月10日より始まっています。前回のかいぼりでは行われなかった、井の頭弁天お膝元の弁天池の底攫いがされるということで、公園利用者や各種メディアからも大変注目を集めています。果たして弁天様の財宝は見つかったのでしょうか。

かいぼり27の風景

まずは定点観測的に、初冬の井の頭公園の風景をお伝えしましょう。

井の頭公園 落ち葉の径

井の頭公園 落ち葉の径

常緑樹は緑の葉を輝かせていますが、流石に寒々としてきた感があります。
かいぼりは例の如く、池のほとりに大掛かりなポンプを設置し水を抜くかたちで行われます。

幾本ものチューブが池の水を揚げ続けます

幾本ものチューブが池の水を揚げ続けます

こうして抜いた水から、ボランティアの方々が手作業で生物などを取り除きます。

池の仕分け風景

池の仕分け風景

かいぼりの様子を広報する”かいぼり屋”。今年は井の頭池の南岸に置かれました。

ほとんど外来種だそうです

ほとんど外来種だそうです

水が抜けて明らかになったこと

平成25年度に行われたかいぼり25では、弁天池部分がかいぼりの対象に入っていませんでしたが、その理由の一つとして挙げられていたのが、水を抜いた際に護岸が崩れる可能性があるからというもの。水が抜けてきた後の弁天池を見ると、確かに怪しい部分が沢山あります。

弁天堂の前の水位も低下

弁天堂の前の水位も低下

樹木の根っこが護岸部分を倒している

樹木の根っこが護岸部分を倒している

当該箇所を上から見るとこんな感じ

当該箇所を上から見るとこんな感じ

前回のかいぼりでは投棄された自転車等が予想以上にあり処分に時間を要しましたが、今回の弁天池のかいぼりでも護岸部分の補強という追加作業が発生するのではないでしょうか。放っておけば崩落するのも時間の問題でしょう。

お堂の周辺は丸裸になっています。干潮時の厳島神社本殿周りのようです。

橋の欄干が丸見えです

橋の欄干が丸見えです

お堂下の補強もどこか頼りない

お堂下の補強もどこか頼りない

井の頭弁天に詣でる人が皆疑問に思う、誰が使うのかわからない池向きの階段。こうしたメンテナンスを想定して作られていたのでしょうか。

階段で池に降りられます(関係者意外は勝手に降りたらダメ)

階段で池に降りられます(関係者意外は勝手に降りたらダメ)

魚獲りはボランティアの力で

池に住む生物の捕獲は、ボランティアの方々が行っています。排水からの生物選別しかり、これほど大勢の人手がいる仕事で1人1人に日当が発生したら大変コストのかかる事業となってしまったでしょう。でも井の頭池を綺麗にしたいというファンの方々が沢山いらっしゃって、かいぼりが行える。これは重要なことです。

たらいを持って魚獲りをする方々

たらいを持って魚獲りをする方々

総勢100人以上とか

総勢100人以上とか

財宝が現れたという話はありませんでしたが、古自転車は勿論のこと、電化製品、中には投棄された他神社の賽銭箱などが見つかった模様。”秋葉神社”と書かれた賽銭箱、秋葉神社という神社のメイン賽銭箱ではなく、どこかの神社の境内内摂末社秋葉神社のものでしょうね。
水を戻すのは2月以降。井の頭弁天には正月の参拝客も多いのですが、その際にはまだ池は干上がったままでしょう。

スポンサーリンク