2018夕暮れ時の桜@善福寺公園

長かった2018桜レポート。井の頭公園の記事からスタートして、7記事を経て終点の善福寺公園にたどりつきました。実際の取材行程としては途中カフェで休憩も挟みつつ徒歩6時間くらい。善福寺公園に到着したのは18:00近くになっていました。それでもまだ空は明るかったので、日が長くなったことを実感しますね。

工事も終わった上の池で桜を堪能

善福寺公園には上の池側から入ります。

ぼんやりと夕暮れに桜

ぼんやりと夕暮れに桜

柵で囲われた子供広場周辺。ここが一番桜の樹が密集しているのですよね。中には入れませんが。

外からでも桜の鑑賞が楽しい

外からでも桜の鑑賞が楽しい

上の池では冬の間に池畔の工事を行っていました。井の頭公園のかいぼりと同じく、桜の季節までにはと間に合わせたのでしょう。

上の池の北側。大体いつもの1.2倍くらいの人出

上の池の北側。大体いつもの1.2倍くらいの人出

桜の鑑賞時期になんとか間に合った感

桜の鑑賞時期になんとか間に合った感

このとおり、まだ健在の桜です

このとおり、まだ健在の桜です

池畔に点在する桜の樹

池畔に点在する桜の樹

右側が冬期に工事していた辺りです

右側が冬期に工事していた辺りです

井の頭公園とは大体直線距離にして1.5kmくらいしか離れていないのですが、善福寺公園の桜はまだまだ見頃という感がありました。沢山の花見客に見られるとストレスになって、桜の樹としても早く散ってしまいたいと思うのかも(適当に考えました)。
そういえば境浄水場の北側の水道道路で見たカルミアシャクナゲ、この善福寺公園上の池にも植えてありましたね。家に帰ったらカルミアで画像検索してみようっと。

咲き始めですね

咲き始めですね

ボートがスタンバイ中。底の色って昔から朱色でしたっけ?

ボートがスタンバイ中。底の色って昔から朱色でしたっけ?

善福寺公園泣き別れの道の傍らにも桜が

善福寺公園泣き別れの道の傍らにも桜が

下の池側の桜、桜

下の池側に足を踏み入れます。こちらも長く続いていた工事が終わって、蓋を開けてみると親水公園のような設備が出来ていました。この設備の詳細はいずれ追って記事にいたしましょう。

善福寺公園に新しく親水設備が

善福寺公園に新しく親水設備が

下の池に近付くにつれ、桜の樹の本数も増えてきます。ここが穴場の花見スポットであることは、インターネット上などで絶対に口外してはならない。

遊具のある公園部分の桜

遊具のある公園部分の桜

下の池水面に怪しく映る桜

下の池水面に怪しく映る桜

善福寺公園のローマ街道と桜

善福寺公園のローマ街道と桜

ローマ街道とかいうのは私が勝手に言っているだけです。

コンパクトな池なりの良さがあります

コンパクトな池なりの良さがあります

枝の間に月を挟んで撮ったのですが、写真でわかるはずもなく

枝の間に月を挟んで撮ったのですが、写真でわかるはずもなく

山吹と桜

山吹と桜

四方八方から桜が

四方八方から桜が

散り桜も動きがあって良いですが、満開の絶頂を迎え静的なイメージと何か尋常ならざる事が起こりそうなイメージを兼ね揃えた桜もよろしいですね。毎年春に桜を眺めては、その新たな魅力に気付かされます。

スポンサーリンク