善福寺公園の紅葉と子トロールの仕事

冬の訪れは、一年の中でも指折りに賑やかで、わくわくするような出来事です。嘘だと思うのなら、その重い腰を上げて、公園に足を向けてみましょう。冬の訪れを喜ぶトロールの仕事に、あるいは出会えるかもしれません。

善福寺公園の下の池です。散策に訪れた日は、鮮やかな紅葉を愉しみに来園されたであろう方が沢山。初冬の記録として、何枚か印象に残った光景を写真に残しました。

下の池に映る紅葉

下の池に映る紅葉

日が短くなったものです

日が短くなったものです

「多彩」という言葉のとおり

「多彩」という言葉のとおり

ところで、この日は善福寺公園のイベント、「トロールの森」が行われている真っ最中でした。こどもの日の善福寺公園を紹介した記事で既に言及しましたが、毎年11月に行われる善福寺公園等を舞台とした野外アート展です。春のトロールの森が子供を主役としたものであるのに対して、11月のトロールの森はパフォーマーなどが集い開かれる本格的なイベントです。
それでも、春に続いておそらく子トロールの仕業ではないかと思われるものを発見しました。

上の池の樹々の合間に

上の池の樹々の合間に

セロハンに描かれた絵でしょうか

セロハンに描かれた絵でしょうか

犬も歩けば棒に当たるものです。不思議のお裾分けをいただきました。

善福寺公園例のスポット

善福寺公園例のスポット

上の池の周辺では、母親達に見守られた子供達が元気に走り回っていました。暗くなるまで遊ぶのが仕事の子供達にとって、冬至に向けて段々日が短くなってくることが、畢竟世界の不思議なのかもしれませんね。

スポンサーリンク