アニメのまち 上井草駅で衆院選投票を呼びかけるガンダム

第47回衆議院議員選挙の投票が、12月14日(日)に行われました。安倍首相によりアベノミクスの是非を問うという名目が与えられた今回の選挙ですが、解散から公示までがわずか10日間というドタバタで始まったため、メディアや立候補者達もそれ以上の争点を用意することが出来ず、なんとも投票に行く動機の見つけづらい選挙であったようです。投票率は前回選挙を下回り、戦後最低を更新(52.66%)。いよいよ国政選挙での投票率半数割れも見えてきました。

東京8区 ガンダム候補(無所属・新)

選挙期間中はいたるところで候補者の名前を連呼する演説カーを見かけました。また、駅前では候補者が四六時中街頭演説に立ってアピールします。上井草駅で駅前に立っていたのは、連日の遊説で真っ黒に日焼けした候補者…のようなガンダムです。

ガンダム世代にも投票アピール?

ガンダム世代にも投票アピール?

肩にかけられたタスキは、候補者名のアピールではなく、衆院選実施の告知になっていました。このガンダムが告知にかり出されるのが選挙の際だけなのか、あるいは四季折々のイベントに合わせて仮装したガンダムが見られるのか興味の湧くところです。

上井草に何故ガンダム像?

上井草駅には、このガンダムの銅像の他にもガンダムをモチーフにしたオブジェが点在しています。

たとえば、植え込みにはハロ

たとえば、植え込みにはハロ

上井草駅のある杉並区はアニメのまちという形での売り出しを行っており、その一環でアニメ作品にちなんだオブジェが設置されているということのようです。上井草駅の場合、近隣にあるガンダムの制作会社、サンライズにちなんでいるとか。
なお、隣の練馬区もアニメのまちで売り出しており、やはり駅にアニメのオブジェを置いているようです。まあ、制作会社がこの辺り山ほどありますから。

いっそのこと、選挙を題材にアニメを作ったら、若年層の投票率も上がって良いことずくめだろうと思うのですが。実録ドブ板選挙物語。今回落選で失職された候補の皆さん、早い者勝ちですよ。

スポンサーリンク