2017満開の桜@井の頭公園

2017年の武蔵野三大湧水池桜めぐり。終点の井の頭公園に帰ってきました。最初にも書いたことなのですが、この井の頭公園は今回の桜めぐりの始点でもありました。ということで、昼に撮った写真と日が暮れてから撮った写真の両方、お見せします。

井の頭池北岸から桜をめぐる

今年の花見は、いせや総本店のある吉祥寺通り側から入りました。井の頭公園の開園100周年事業として池のかいぼりを行ってきた成果か、池の水がとてもキラキラと光り輝いています。今年の5月1日で100周年。間もなくですね。

いせや総本店側の口から入園

いせや総本店側の口から入園

池の水がキラキラと

池の水がキラキラと

七井橋付近に沢山の客が。本当に少ない晴れ間を見つけての来園でしょうね。地元の方も多そうで、毎年の井の頭公園の桜が我が子の成長を見るように気になるのでしょう。

七井橋付近

七井橋付近

スワンボートについ乗りたくなる心理

スワンボートについ乗りたくなる心理

彼岸も此岸も桜です

彼岸も此岸も桜です

宴会集団も昼から場所取り、または昼からおっぱじめています。先週末は生憎の雨だったのですが、それでも敢行する人々は居たのでしょうか。

今週末にも残っているとよいですね

今週末にも残っているとよいですね

ひょうたん池で折り返して南岸へ

井の頭池の尻尾部分、ひょうたん池で折り返します。やはり水ははっきりと綺麗になりましたね。

ひょうたん池の前から北西方向を望む

ひょうたん池の前から北西方向を望む

南岸にもお花見スタンバイ中のブルーシートが沢山。そしてこちらの桜の方が早く散り始めていますね。確か南岸側の方が太陽光の水面への反射等で成長が早くなると、小耳に挟んだことが。

既に花びら絨毯

既に花びら絨毯

御殿山にもちらほら桜が

井の頭池周回を切り上げ、風の散歩道に向かう途中。御殿山部分にもちらほらと桜の樹がありました。そして今回の発見だったのは、公園を東に抜ける細い道の入口のところに見事な桜の樹があったこと。

目立たないけれども堂々とした樹です

目立たないけれども堂々とした樹です

小径の左側にずらりと桜

小径の左側にずらりと桜

マンション所有の桜なのかもしれませんが、見事に咲いていますね。

夜間桜のライトアップ

そして一連の桜めぐりに出かけて、夜の井の頭公園に帰ってきたというわけです。この日の桜めぐりで歩いた距離は27km。単車引っ張り出して行けば良かったかもと後悔しましたが、歩行者しか入れない場所もあったのでトータル的には損をしてないはず。

七井橋たもとのライトアップ

七井橋たもとのライトアップ

池北岸花見会場のライトアップ

池北岸花見会場のライトアップ

宴会は22時まで!(毎年ノルマ)。

ライトアップされた桜が水に映ります

ライトアップされた桜が水に映ります

全体的に曇天な一日でしたが、夜は大きな月が一応見えました。これにて2017年の桜めぐりは終わりです。

スポンサーリンク