2017満開の桜@大泉井頭公園〜白子川〜大泉学園通り

前回西武新宿線の武蔵関駅に着いた桜めぐり。今回はなんとここから西武池袋線の大泉学園駅を目指して歩きます。

白子川源流と言われる大泉井頭公園

とは言え、途中経過をちょっとしたワープで省略します。一応行き方としては、武蔵関駅東側の関町庚申通りを北上してあとは細道を伝って行った形です。そうか、この関町庚申通りが石神井川を渡るところに庚申橋があるから、武蔵野市の中央通りと千川上水の交点の橋が庚申橋でなく更新橋になっているのですかね?
そして着いたのが、大泉井頭公園です。えっ!?大泉にも井の頭公園があるの?この辺りの謎はいつか記事にしたためてやろうとずっと企んでいたのですが、まだできていません(笑)。武蔵関公園の紹介記事と一緒で、まだペンディング状態ですね。

大泉井頭公園

この井頭公園、荒川水系の白子川の源流を示す表示があります。水源がコンクリートで覆われていて、白子川は人口構造物から姿を現す形になります。

水源を覆うコンクリートに桜の花びらが

水源を覆うコンクリートに桜の花びらが

北側を向くと花びらの主が

北側を向くと花びらの主が

左手には遊具などがあって、児童公園のようになっています。
道なりにさらに進んでいくと、桜の群生が。

ちなみに歩行者専用の細い道です

ちなみに歩行者専用の細い道です

よく見るとわかると思いますが、水源から地表に顔を出したての清らかな水の上に、桜の花びらの絨毯が出来ています。

鏡のような水面に、花びらが浮かぶ

鏡のような水面に、花びらが浮かぶ

水が本当に澄んでいますね

水が本当に澄んでいますね

春と初夏が一緒にあるような光景

春と初夏が一緒にあるような光景

対岸の桜が届いている。もう今は散ってしまったのでしょうなぁ

対岸の桜が届いている。もう今は散ってしまったのでしょうなぁ

花びらはここでせき止められるのか、ここより下流には浮かんでいませんでした

花びらはここでせき止められるのか、ここより下流には浮かんでいませんでした

白子川源流近くは、綺麗な水に花びらの絨毯が出来る光景が見られるスポットです。

大泉学園通りの桜並木

白子川の傍らの道を通って、そのまま西武池袋線の線路をくぐろうと思ったのですが、その道は行き止まりになってしまいました。そこでジグザグ東に向かって進んで、大泉学園通りに合流、大泉学園駅北側に抜けます。
大泉学園通りの桜並木もまた桜のスポットとして有名です。

大泉学園駅北側。桜並木が見えます

大泉学園駅北側。桜並木が見えます

桜並木に足を踏み入れるとこんな感じです

桜並木に足を踏み入れるとこんな感じです

さらに延々と続く

さらに延々と続く

ブワァーっと先まで桜並木です

ブワァーっと先まで桜並木です

ちなみにこの少し先で左折して白子川に架かる橋を渡ると、小泉牧場とこの間紹介した東京ワイナリーがあります。花見のついでにぜひ。もう散っているかもしれませんが…

桜めぐり、少し北に行き過ぎたので引き返します。次回はとうとう石神井公園の桜です

スポンサーリンク