西荻窪商店街がまた地図を作っていた! 西荻雛祭

かつて西荻窪商店街の不思議イベント、チャサンポーを紹介した記事で、西荻窪人は地図を作るのが趣味だという私考を述べました。その後、それは決めつけがすぎるだろうと若干思い直したりもしたのですが、このたび私の決めつけを強力に援護するかのような、不思議イベントと地図の組み合わせがまた西荻の地に現れました。今回の不思議イベントの名称は「西荻雛祭」です。

西荻雛祭。この名前は「仙台七夕祭り」のようなものでしょうか。基本的にインドアな祭りと思われる雛祭りを、街ぐるみで行ってしまおうというのは凄い発想です。とは言え、東京を離れれば天領日田のおひなまつりのようなイベントもありますから、私の感じた違和感は都会でこういう節句イベントがあるという事に対するものでしょう。

西荻窪は以前からアンティークの街として売り出しており、古い雛人形をお蔵出し、もしくは虫干しするというのはそこそこイメージに合っています。結局、東京的でないイベントも「西荻だから」で説明がついてしまうようなところがあります。おそらく、次の不思議イベントが「西荻トマト祭り」だったとしても、私は驚かないかもしれません。

今回のイベントの地図は、西荻雛祭公式サイトで見る事ができますチャサンポーハロー西荻の地図と比べて、より抽象的になりましたね。きっと描き慣れたのでしょう(笑)

日程は2月9日から3月3日まで。明日までですね。是非今回のイベントでも不思議地図を回収しに行って下さい。

スポンサーリンク

コメント