博多らーめん ふくふく亭

博多らーめん ふくふく亭

散髪が一回千円で済み、中国製の衣料品であれば上下どちらも千円以内で調達できる。こんなご時世に、ラーメンだけは一杯7、800円、ときには1000円を超える強気価格であり続ける。
そういった世の理不尽に痛撃を与えるために、西荻窪で最も安いだろうと思われるラーメン屋を探し出し、食べに行くことにしました。
実際、西荻窪、吉祥寺、三鷹といった辺りは有名店が出店しても、他所の地域より50円程高い価格になる傾向があり、その中で博多とんこつラーメン500円という看板で営業しているこのお店の味は、一回は確認しておきたかったのです。もし値段以上のものを提供しているのであれば、他店の値段に不平を言う舌鋒も鋭くなるというものです。

博多らーめん ふくふく亭

博多らーめん ふくふく亭

西荻北銀座をかなり北に行ったところに、このお店はあります。中華惣菜のテイクアウトも提供しているのでしょうか。本当に街の中華料理屋の店構えですが、とんこつラーメンでもなく、あえて博多らーめんと銘打っている提灯で、少しでもとんがったものを提供しているのではないかと期待してしまうのです。

ふくふく亭博多らーめん

ふくふく亭博多らーめん

写真を見ての通りのネギ、もやし、わかめ、麺という感じです。結論から言うと、あえて博多らーめんと銘打っていることの意味はあまり無さそうです。とんこつラーメンが東京に上陸したとき、中華料理屋がこぞって新メニューに採用したのですが、その時代の大いなる誤解の味そのまま現在まで残っている感じです。わかめの塩辛さが期せずして海の家のラーメンを食べたときのような感慨を与えますが、この価格帯のラーメンでもやはり西荻価格で、50円程高くなっているのだということを思い知らされました。
穿った見方をすれば、私のような西荻価格にうんざりの客もターゲットにして回っている店なのかもしれませんね。

とは言え、地元の方からすれば反論もありそうです。この店では中華惣菜をリーズナブルに提供しており、またチャーハンは550円のわりに美味しいとの評価がありました。
博多らーめんを標榜していなければ入ることはなかった店です。不幸な邂逅となりました。

(2017追記)
2016年中で閉店されています。

スポンサーリンク