エミナード石神井公園の第2期開発完了により、エミオイーストが8月21日にオープン

昨年10月にオープンし、当サイトでも紹介を行った西部池袋線石神井公園駅付属商業施設のエミオ(Emio)。昨年のオープン時にはエミオウエスト・ノースのみの部分開業ということでありましたが、このたび残りの部分、エミオイーストの開発完了につき、8月21日(木)に全館オープンとなることが決定しました。

エミナード石神井公園計画のおさらい

西武鉄道による石神井公園駅の再開発事業は、駅付属商業施設と公共エリア、駅前部分を含めて、エミナード石神井公園という名前がつけられた事業計画でした。計画は全3期に分かれ、第1期が昨年10月に完了した駅ナカ・駅チカの商業施設部分(「こだわりマーケットプレイス」と「お散歩ショッピングゾーン」)、第2期は今年の4月にサービスを開始した子育て支援サービスなどの「ライフサポートゾーン」、それから今回オープンする「南北をつなぐランブリングプレイス」といった駅の東側のエリア。そして、第3期は南口駅前広場に接した「石神井エントランスコート」で、この部分のオープンは2016年度を目指しているようです。

エミオイーストに入るテナント

エミオイーストには、無印良品、ブォーナ・ビィータ、JINSといった雑貨・生活用品の3店舗と、ベーカリーレストランのBAQET、回転寿司の活美登利、カフェのE PRONTOという飲食系の3店舗が入ります。また、エミオイーストの道を挟んで向かい側にペットケア・ペットホテルのPET-SPA CARE+CUREという店とプリモ動物病院がオープン予定で、こちらは7月25日(金)に営業開始となるようです。
新オープンするテナントはどれも駅ナカでおなじみといった感じの面子ですが、都内よりも近隣県への出店が多い雑貨のブォーナ・ビィータが出店しているのは目新しいところではないかと思います。

駅ナカ・駅チカのオープンは地元商店街の脅威となる

口酸っぱく何度も言っていますが(笑)、駅ナカ・駅チカが充実してくると、その分割りを食って地元の商店街はじわじわと苦境に立たされていくのではないかと思います。駅ナカ・駅チカの強みは、鉄道運賃の支払いに使える電子マネーがそのまま会計に使えるところですが、今年の4月の消費税アップを挟んで、旅券運賃と電子マネー清算運賃との間に差額ができることとなったため、今後電子マネーの利用層はさらに拡大していくはずです。そうなると、タッチ一回で会計を済ませることの出来ない商店街は、次第に敬遠されていってしまうでしょう。
そうすると駅周辺の街が狭くなって…一方車を置くことのできる郊外大型店にも客が流れて…という未来予想図も描けようというものですが、駅ナカ・駅チカオープンの熱にあてられて、あまりそういった面が利用者の内において語られていないのが残念です。

スポンサーリンク