吉祥寺を眺めつつビアガーデン気分 CRAFT&Romance

7月に入って、夏らしい暑さが始まってしまいました。公園を散歩していても、ダラダラと汗が流れてきます。脱水症状がひどくなると熱中症につながる危険性があるということなので、ひとしきりの汗をかいたら喉を潤すため、すぐに近場のビアガーデンに避難しましょう。

脱水症状にビアガーデンはただの冗談ですが、吉祥寺では夏になると各所でビアガーデンが開催されており、毎年見られる風物詩となっております。吉祥寺のビアガーデンといえば第一ホテルや吉祥寺パルコの屋上のものが有名ですが、一時期を境にクラフトビールのお店がドカッと出てきた印象もある吉祥寺、クラフトビール飲み放題のクラフトビアガーデンといった趣のディナーコースもあります。それが今回紹介するクラフトビール&ピッツァの専門店CRAFT&Romance。吉祥寺駅南口を出て徒歩1分のKICHIJOJI PIATTOというビル7階にあるこのお店は、吉祥寺の街を見下ろすことが出来るテラス席と店内50席で、女性がターゲット層という触れ込みで昨年オープンしていました。

CRAFT & Romance

CRAFT&Romanceの予約制ビアガーデン

ビアガーデンプランを受け付けているテラス席は、吉祥寺駅側を向いており、一度に16人くらいまでの利用ができるようです。井の頭公園の自然を見下ろせるならともかく、吉祥寺駅側の商業ビルばっかりのエリアを見下ろしても面白くないだろうと思われるかもしれませんが、7Fからの眺めというのはなかなかのもので、黄昏時には特に景色が映えます。

CRAFT & Romanceのテラス席

CRAFT & Romanceのテラス席

7Fから吉祥寺の眺望

7Fから吉祥寺の眺望

ビアガーデンプランは今年は6月16日から始まっており、9月10日まで受付。1日3組2時間制で要予約(8人〜16人)だそうです。夏野菜にフィーチャーした料理と31種類ドラフトビール(うち27種類ほどがクラフトビールで、3種類ほど国産大手ビール、1種類がシードル)を含めたドリンクが飲み放題で1人5500円となるようです。クラフトビールを4、5杯飲んだら元が取れてしまいますし、料理の方もハズレなしで期待して良いと思えます。

クラフトビールの種類に驚愕

さらりとビアガーデンプランの所に書きましたが、クラフトビールのTap数30近くというのはアトレ吉祥寺にあるCRAFT BEER MARKET吉祥寺店と並んで吉祥寺で最大級です。Tap数の少ないビアバーですと、好きなタイプのビールが繋がっていない日に当たってしまうとひたすら料理だけが進んでしまう結果になりますが、30Tapが常設となるとクセの強いいかにもクラフトビールといったスタイルのビール以外に、あまりクラフトビールが気に入らなかったお客さん向けの”逃げ道”的ビールが用意されているケースも多いので、店員さんを呼んでオススメを聞いてみるとどれを頼んだら良いのか大抵教えてくれます。また、クラフトビールが本当に好きな人にとっても、各スタイルの選択肢が常設されていることになりますので、心強い感があります。

1050円で3種類選べるTASTING SET

1050円で3種類選べるTASTING SET

スタイルの違う3種類を頼むと面白いですよ

スタイルの違う3種類を頼むと面白いですよ

クラフトビール以外でも、イタリアンのお店ということでワインも常設です。料理によってはビールではなく絶対的にワインというケースもあるかもしれませんね。

ピッツァがオススメのお店です。

クラフトビール専門のお店でしたら、店内女性率もこれほど高くはなかったでしょうが、このCRAFT&Romanceのもう一つの売りがピッツァを筆頭としたイタリアンです。このお店の運営会社である株式会社プロダクトオブタイムは同様のクラフトビール&ディナーの専門店をCRFTSMANという名称で数店出店していますが、それに対して唯一CRAFT&Romanceという名称で出店し女性向けをうたうにあたり、イタリア製窯を入れて職人が生地からつくる薄生地のピッツァを目玉としています。

イカスミを使ったマルゲリータ

イカスミを使ったマルゲリータ

生地が薄いので1枚頼んでもつまみとして少しずつ食べ進められます

生地が薄いので1枚頼んでもつまみとして少しずつ食べ進められます

パンも美味しい。ビールだけ飲んで帰るのは損かも。

パンも美味しい。ビールだけ飲んで帰るのは損かも。

クラフトビール好きにも、料理と雰囲気を楽しみたい派にもオススメなお店です。入り辛い感じも少なくて、いかにも近年の吉祥寺的な良店ではないでしょうか。

スポンサーリンク